Blog

2020/01/11 17:07



 おもしろいかたちでしょう?
 英国の南西端コーンウォールで作られた塩胡椒入れです。

 この作品、英国文学で有名なある人たちの名前が付けられているんです。ヒントはこちらの挿絵。



 のどかな丘陵地帯。
 畑の向こうの斜面に沿って、丸い穴がいくつも並んでいます。

 穴の入口には、色とりどりの丸い扉が。

 近寄ってみましょう。

 あっ。



 もうおわかりですね。
 『ホビット』です。

 J・R・R・トールキンの『指輪物語』シリーズに登場する身長1メートル前後のホビットたちは、食事と平和を愛する心優しい種族。今世紀に入って映画化されたのでご存じの方も多いでしょう。

 ホビットと名づけられた塩胡椒入れは1970年代の作品です。凹凸のある縦縞模様、マットな手ざわり、まるで童話から抜け出したようなデザイン。コーンウォールのトレマーポタリーという窯元が作ったシリーズです。

ケルトな町で生まれたデザイン

 コーンウォールはケルト文化が色濃く残る地域として知られています。
 野原には巨石群、漁村にはかわいい魔法博物館。ハリー・ポッターのロケに使われた修道院もこの地にあります。窯元があったトレマーの町をGoogleストリートビューで散策してみました。なだらかな丘がつづく景色は、もうホビットの世界そのもの。



 残念ながらトレマーポタリーは1983年に廃窯し、当時作られたシリーズは現在人気のコレクターズアイテムになっています。

 塩胡椒入れ『ホビット』は料理好きの人が喜びそうな、高さ110mmのたっぷりサイズ。1日6回も食事するといわれるホビットたちの家で活躍しそうですね。ふだんはキッチンに、料理ができたらテーブルへ。飾っておくだけでも楽しい魔法のようなコンビです。


ホビットシリーズはカップもポットもなかなかの味わい。手ざわりがまた良いのです。



 そして、動画はこちらから。360°見られます。



ブログトップへ
Copyright © kogmas 北欧ヴィンテージのコグマス. All Rights Reserved.