Blog

2020/08/03 21:04




 かわいいサーカスのパーティーセットが入荷しました。

 1990年代にオランダで制作されたヴィンテージ食器。おそろいのカップと小皿が4点ずつ、デカンタが1点の合計9点セットです。

 絵の作者はオランダの国民的イラストレーターFiep Westendorp(フィープ・ヴェステンドルプ)。彼女が国際アンデルセン賞作家アニー・M.G.シュミットと組んで創作した『Jip & Janneke(イップとヤネケ)』は、オランダでは知らない人のいない童話。日本をはじめ各国で翻訳出版されています。

♥ ♥ ♥ ♥ ♥

 どの絵もディテールが素晴らしいんです。色づかいが素敵で、見るほどに味わいがあります。

 たとえばピエロのミュージシャンたち

画像1

 ポーズもキマっているし、衣装のコーデがおしゃれでしょう?
 バイオリンくんはオレンジ色のパンクっぽいヘアスタイル。トランペットくんはズボンのつぎあてもセンスの良い色づかい。ふたりでどんな曲を演奏しているのかな。
 
 続いて登場したのは華麗な曲芸馬乗り
 軽やかなひづめの音が聞こえてきそうです。

画像2

 青い鞍は白のラインがアクセント。頭にはチョウチョのような羽根飾りがゆれています。騎手の男の子は一見へっぴり腰ですが、落馬しないのはむしろ天才なのかも。

 続いて、あれれ、ゾウさんどうしたの?

画像3

「ボクもう、曲芸飽きちゃったぞ〜」そんな声が聞こえてきそう。でも、鼻がついつい玉を器用に回してしまうんですよね。赤いタペストリーの頭飾りがとても似合っています。

 おや、いたずらっ子たちが飛び出してきましたよ。

画像4

 玉乗り、逆立ち、何でも軽々こなす陽気な小猿のトリオ。みんな子供服のモデルみたい。

 4つのカップにはおそろいの小皿がついています。
 直径162mm。デザートを盛りつけたり、朝のパンを乗せたり。きょうの気分はどの絵柄かな?

画像5

 そして、大きなデカンタにはサーカス小屋の外のようすが描かれています。

画像6

 一座のワゴン。くつろぐピエロ。木漏れ日の下には洗濯物。

 ミルク、ジュース、麦茶、何でもどうぞ。たっぷり入れてトクトクトク。

 花瓶としても使えそうですね。

♥ ♥ ♥ ♥ ♥

 家族の朝の食卓に、お子様のパーティーに。
 絵本好きな人のコレクションにもおすすめです。

 使うのがちょっともったいないような美しいヴィンテージ品。1セットのみの入荷ですので、どうぞお早めに。

ブログトップへ
Copyright © kogmas 北欧ヴィンテージのコグマス. All Rights Reserved.