Blog

2020/10/11 21:42

 白い額縁のような大きな角皿。

 あなたならどんな料理を盛りつけますか?


 人気の高いスティグ・リンドベリのSpisa Ribb(スピサ・リブ)シリーズの中でも、なかなかお目にかかれない大きな角皿が1点入荷しました。幅41cmのレアアイテムです。

◇ ◇ ◇

 長方形の大皿って便利ですよね。

 テーブルのまん中に置けば、みんなが手を伸ばしやすい。パーティーにも家族の団らんにも活躍してくれます。

 クリスマスのブッシュドノエルにもぴったりです。大皿ならではの飾りつけが楽しめそう♪

 ブログのトップ写真はフィーカ(FIKA:スウェーデン語でコーヒーブレイク)をイメージして、苺と葡萄のフルーツサンドを載せてみました。

 お皿の左右にはサーヴィングトレイの取っ手のような小さな出っ張りがありますので、安心してお料理を運べます。

 また、真横から見ると両端にゆるやかなカーブがあり、さりげない上品さを醸し出しています。


 白地にショコラ色のふちどり。
 あたたかみのある手描き風の黒いストライプ。
 世界中で愛されてきた《スピサ・リブ》シリーズはお皿、カップ&ソーサー、ボウルなど各種ございます。おそろいのデザインでフィーカやパーティーを楽しく演出してみませんか。

 スピサ・リブのラインナップはこちらからどうぞ。


※フルーツサンドの後ろに写っている褐色のポットは《テルマ》。1955年、スピサ・リブと同時発表されたシリーズです。ショコラ色の相性が良く、スピサ・リブの食器と組み合わせて使ってもおしゃれです。




ブログトップへ
Copyright © kogmas 北欧ヴィンテージのコグマス. All Rights Reserved.